IKZ

ishiikg.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 13日

参考出品(前編)

先月、石井管楽器は「産業ときめきフェアinEDOGAWA」に初出展しました。

お蔭様で大盛況で終えることが出来ました。
江戸川区でも管楽器の修理が出来るところがあることを、一定程度の周知が出来たのではないかと思っています。
来年も今回の結果を踏まえ、よりよい展示が出来ればと思っています。

今回の展示内容は、
「管楽器無料診断」
「管楽器分解組立の実演」
「管楽器カスタムパーツ、リニューアルマウスピース」
「代表石井の人柄」
でした。

この中で参考出品として展示したものに「水牛角製パーツ」というものがあります。

水牛角は昔より角細工に使われてきた素材で、印鑑や櫛、三味線の駒や三線のばち、尺八の歌口にも使われています。また、西洋の管楽器の先祖として「角笛」、角笛を由来としたツインク。ツインクのマウスピースには象牙や水牛角などが使用されていたようです。

このように、実は楽器となじみ深い素材である水牛角でなにか機能的な管楽器部品を提案出来ないかと考えたわけです。

今回、水牛角を用いたパーツとして提案させて頂いたのは2点で、サックスのサムレスト(拇指台)とトランペットのフィンガーボタンです。

サックスのサムレスト(拇指台)は左手親指を載せる部分で、この部品で楽器を支持しながらオクターブキーを操作するという、重要な部品です。

a0335229_16583804.jpg

一般的には樹脂製のものが使用されていますが、歴史的に白蝶貝やエボナイトを採用していたメーカーもありますし、音色や吹奏感の設計的意図から金属製を採用しているメーカーもあります。

私は、水牛角にプラスティックにはない手触りの良さを感じましたので、サムレストに採用すると良いのではないかと考えました。

実際に試して見たところ、吸い付くような手触りが心地よいのです。

吹奏感はまだテストがアルトサクソフォンのみですが、プラスティックに比べ、若干抵抗感が増すように感じられました。

現時点で量産化は未定です。
しかし、ご興味のおありの方には、一点物として特注製作にて対応させて頂きます。
詳しくはご説明致しますので、お気軽にお問い合わせください。
石井管楽器

後編はフィンガーボタンについてです。


[PR]

# by ishiikangakki | 2015-12-13 13:20 | ものづくり
2015年 11月 16日

押金の軽量化

先日、秘密ブログでこのような記事を書きました。

押金の調整

この中で「押金の軽量化について実験をしたことがある」と書きましたが、その実験品がこれです。
a0335229_07414842.jpg
これは、十数年前にまだ旋盤などを持っていなかった頃に、電動ドリルとヤスリで加工し、磨いて金メッキを掛けたものです。

当時、貝の無い押金が、あるメーカーで採用されるなど、着目をされいていた時期でした。
そして、私もこのような実験をしていた時期でもありました。

ピストンフェルト

ピストンのバウンドを抑えるのに、ピストンフェルトをバウンドをしない材質に変えればいいのではないか?という発想と、実はもう一つあったのです。

それは、なんとなく押金を外したらどんなピストンの感じになるのだろうとやってみたのがはじまりで。

a0335229_12232931.jpg

すると、押金を付けた状態と違い、戻ったときのバウンドが減ったように感じました。

この結果から、ばねの力で押し戻すピストンの重さが軽くなれば、慣性質量が減るのでバウンドがしにくくなるのではないかと考えました。(計算はしていません、考えただけです)


a0335229_12233497.jpg
この軽量化押金、押し始めはクッと硬さを感じ、押し込んで止まるまでのばねの抵抗がきつい感じがしました。戻りはスパッと気持ち良い感触です。
バウンドの大きさに関しては、劇的に変わるという感じではありませんでした。

感覚的にこのタッチ感が気に入ったのですが、吹いた瞬間にタッチ感の良し悪しよりも、吹奏感の違いのほうがインパクトがありました。

管楽器が鳴っている状態=管内の空気柱に振動が発生している状態です。
これが、管楽器の音なのですが、例えば、トランペットの音を出すには「トランペット」を用いなければトランペットの音は出せません。

マウスピース等も含め大小の部品の組み合わせでトランペットが作られ、初めてトランペットの音が出せるのです。

楽器の部品一つ一つがどのように、楽器の音に関わっているのか、または関わっていないのか、関与度が大きいのか小さいのか、そのようなことを日々考えています。(管内の形状も含めてです)

その中でのこの実験。押金という部品、掘り下げて言えば、その形状や材質、貝の有無、貝の材質の違いなどが、多かれ少なかれ吹奏感に影響をしているのではないかと、考えるきっかけとなった訳です。そこから、押金とピストン、ピストン軸、フェルト類、ピストンばね、などが関わりあって、「バランス」が形成されているのではないか?という予測に発展していきます。

石井管楽器


[PR]

# by ishiikangakki | 2015-11-16 18:49 | 金管楽器
2015年 11月 04日

ピストンのばね

金管楽器のピストンを上下させる為に楽器内にばねが内蔵されています。

このばねは純正品も含め、数種類が発売されています。

ピストンのばねの種類を材質でいえば、大きく3種類でステンレス製、ピアノ線製、リン青銅製です。
形でいえば、大きく2種類、俵型と円筒型でしょうか。
これ以外に、巻き数と径の違いがありますが、それぞれタッチ感に特徴があります。

ピストンのタッチを改善するためにばねを交換する場合、まず行なって頂きたいことがあります。

それは、ピストンのコンディションの点検です。

ピストンが汚れによって正しく動作をしていなければ、ばねを変更する意味がありません。
ピストンが諸条件によって動作が阻害されていないことを前提に交換をするべきだと思います。
詳しくは、また実例を踏まえて「秘密ブログ」にてご紹介させて頂きたいと思います。

今回は「放課後ブログ」ですので、少し斜めの角度からお話します。
それは、このばねが吹奏感や音に影響があるということです。

a0335229_17122922.jpg
上段がピンクゴールドプレート、下段がゴールドプレートです。
右よりリン青銅製円筒型、同俵型、ステンレス製円筒型です。

タッチ感に変わりはありません。

吹奏感や音については、前回のブログ記事と理屈は同じですので、アマドキーのばねをご参照ください。

但し、アマドキーのばねと違うところは、ご自身でも交換が比較的容易であることです(自信の無い方はプロにおまかせください)。

音や吹奏感に変化を感じたい。音の質感を変えたい。見えないところにオシャレをしたい(これもありだと思います)。
ちょっとした部品を変えるだけで、楽器が自分に近寄ってくる可能性があります。

石井管楽器では、現在ヤマハ製の3種類のトランペット用ピストンばねにそれぞれピンクゴールドとゴールドの2種類のメッキを掛けたものを在庫しています。

また、ヤマハ製のフリューゲルホルン用もございます。
a0335229_17391059.jpg

ご興味のある方は下のリンク先のお問い合わせフォームより、ご連絡ください。
前述で述べました通り比較的ご自身で交換のしやすい部品だと思います。定型外郵便での発送もお受けします。

石井管楽器


[PR]

# by ishiikangakki | 2015-11-04 18:24
2015年 10月 26日

アマドキーのばね

前回、「秘密ブログ」でこのような記事を書きまして、その中で少し触れたアマドキーのばねについてです。

アマドキーピストンパーツのワンオフ製作依頼

アマドキーのピストンを動かす為に小さいステンレス製のばねが入っています。

とても小さな部品です。ピストンよりも小さい部品です。

しかし、ばねは弾性がありますから、楽器の振動をひろって共振することも考えられます。
また、材質で特性が変わるピストンを、ばねの弾性力によって閉じる方向に働いていますから、ばねの素材を変更したり、処理をすることで、音や吹奏感への影響があるかも知れません。

そこから、私はこのばねにメッキを施し、メッキの種類を変えることで、機能性も持たせることが出来ないだろうかと考えました。

a0335229_08252432.jpg

左から、ゴールドプレート、ピンクゴールドプレート、そしてノーマルです。

実際にトランペットで試してみたところ、吹奏感と音(吹く側と聞く側の両方で)に変化がありました。

私の個人的な感想を簡単に(乱暴にかもしれませんが)申し上げますと、
ピンクゴールド→ダーク、柔らかめ、濃厚、しっとり。
ゴールド→ブライト、ピンクよりは硬め、艶やか、さっぱり。
抵抗としてはどちらも一定程度増すと思われます。
ちなみにテスト楽器はヤマハのシルキータイプ、ライトウエイトMLボアです。

部品の交換による調整すべてにおいて言えることですが、「違い」については様々な条件によって異なります。
聞く側、吹く側の個人差。
演奏場所の違い。
楽器の違い。
部品(マウスピースを含む楽器を構成する部品のすべて)の組み合わせバランス。
などなど。

様々な条件を踏まえ、多くの選択肢の中から選んで頂ければと思います。

石井管楽器では、このアマドキーのメッキ加工を施したばねを在庫しております。

ご興味のある方はお問い合わせください。
ご自身で交換の出来る方には、小さい部品ですから定型郵便での発送もお受けします。
石井管楽器




[PR]

# by ishiikangakki | 2015-10-26 16:58 | 金管楽器
2015年 10月 16日

トランペットのボタン

トランペットの、指で押してピストンを動かす部分を押金(バルブボタン、フィンガーボタン等)呼びます。ここには、押金貝(バルブボタンパール、フィンガーボタンパール等)が埋め込まれているものがあります。
このパールは樹脂製の物もありますが、伝統的に天然貝が使用されています。

何故、貝が使用されているかというと、装飾的意味合いと、滑り止め効果が主な理由のようです。

オプショナルパーツとして、準宝石をあしらったボタンや、貝以外の素材を埋め込む方もいらっしゃいます。

ピストンを操作するためのボタンとは言え、吹奏感やタッチ感、音色等に影響のある部品ということで、トランペットの構成部品のなかで注目されているものの一つだと思います。

私も、この部品に関しては、押金自体の含めて埋め込み素材をとっかえひっかえ試し、研究しました。
また、素材を押金に固定する方法でも大きく変わります。
素材を固定する方法としては大きく2つです。
1・接着剤による固定
2・かしめる(素材をはめ込み、押金の金属で包み込むように固定する。

固定方法がカシメか接着剤かでも吹奏感や音色に影響がありますが、接着剤の種類の違いも影響があります。

石井管楽器では、現在ヤマハ社製のトランペットの押金の修理用に貝を在庫しています。

貝は2種類、オーソドックスな白蝶貝とダークなイメージの黒蝶貝です。
a0335229_18430567.jpg
古い貝を削り取り、
a0335229_18432272.jpg
お好みの吹奏感にあわせて(タイトorソフトの2種類です)接着剤を選定し、交換します。

a0335229_18433290.jpg
貝の表面は平面に削り、鏡面のように艶やかに磨きをかけています。
光の加減によって変わる色彩は見ていても飽きがきません。
手触りもよく、貝を交換するだけで、気持ちがリフレッシュします。
(天然貝の為、模様がそれぞれ異なります。模様をお選びすることは出来ません)

ヤマハ以外のボタンの貝を交換したい方につきましても、条件によっては可能な場合がございますのでご相談ください。

石井管楽器



[PR]

# by ishiikangakki | 2015-10-16 18:59 | 金管楽器