IKZ

ishiikg.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 05日

規格ネジ

管楽器のネジは、楽器用として設計製作されたもの以外に、「ISO小ネジ」という規格ネジが使われている場合があります。

小ネジには頭の形に名称があります。
ナベ、トラス、バインド、皿、丸皿、チーズ。

ネジの頭にはドライバーで回すための溝が掘ってありますが、これにも名称があります。
プラスは「十字穴」マイナスは「すりわり」

また、この規格ネジ、材質も色々あります。

今回、私の個人所有の「ある金管楽器」のネジを替えてみるべく、2種類取り寄せてみました。
a0335229_19470111.jpg

左が元々ついていたネジはBS材(真鍮)生地(メッキ無し)のナベ小ネジ。
中央がSUS316L(ステンレス)
右がチタンです。

規格ネジとはいえ、頭に若干の形状の違いはありますが、ほぼ同形状です。
同じ形状で材質だけが違うネジが手に入るわけです。

重量を量ってみました。
BS材
a0335229_19470960.jpg

ステンレス
a0335229_19471369.jpg

チタン
a0335229_19471873.jpg

私は、使用箇所や使い方によってはネジの性能が楽器の性能に反映すると考えています。

但し、今回試す楽器は大きい楽器ですので、結果がどうなるのか非常に興味深いところです。
楽器の大きさに比べて、些細なネジの重量差による差異がどの位あるのか。
また、材質の特性による差異もどの位あるのか。
普通に考えれば、このような小さい部品で影響が出るような楽器ではありません。
しかし、弁慶の泣き所ではありませんが、ちょっとしたことで大きく変わるようであれば、この試みの結果は評価できるのではないかと思っています。

なお、この楽器には3ミリ径のナベ小ネジが6本、4ミリ径が2本使用されています。

結果はまた後日ご紹介させて頂きたいと思います。

石井管楽器












[PR]

by ishiikangakki | 2015-09-05 17:19 | ネジ