IKZ

ishiikg.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 26日

アマドキーのばね

前回、「秘密ブログ」でこのような記事を書きまして、その中で少し触れたアマドキーのばねについてです。

アマドキーピストンパーツのワンオフ製作依頼

アマドキーのピストンを動かす為に小さいステンレス製のばねが入っています。

とても小さな部品です。ピストンよりも小さい部品です。

しかし、ばねは弾性がありますから、楽器の振動をひろって共振することも考えられます。
また、材質で特性が変わるピストンを、ばねの弾性力によって閉じる方向に働いていますから、ばねの素材を変更したり、処理をすることで、音や吹奏感への影響があるかも知れません。

そこから、私はこのばねにメッキを施し、メッキの種類を変えることで、機能性も持たせることが出来ないだろうかと考えました。

a0335229_08252432.jpg

左から、ゴールドプレート、ピンクゴールドプレート、そしてノーマルです。

実際にトランペットで試してみたところ、吹奏感と音(吹く側と聞く側の両方で)に変化がありました。

私の個人的な感想を簡単に(乱暴にかもしれませんが)申し上げますと、
ピンクゴールド→ダーク、柔らかめ、濃厚、しっとり。
ゴールド→ブライト、ピンクよりは硬め、艶やか、さっぱり。
抵抗としてはどちらも一定程度増すと思われます。
ちなみにテスト楽器はヤマハのシルキータイプ、ライトウエイトMLボアです。

部品の交換による調整すべてにおいて言えることですが、「違い」については様々な条件によって異なります。
聞く側、吹く側の個人差。
演奏場所の違い。
楽器の違い。
部品(マウスピースを含む楽器を構成する部品のすべて)の組み合わせバランス。
などなど。

様々な条件を踏まえ、多くの選択肢の中から選んで頂ければと思います。

石井管楽器では、このアマドキーのメッキ加工を施したばねを在庫しております。

ご興味のある方はお問い合わせください。
ご自身で交換の出来る方には、小さい部品ですから定型郵便での発送もお受けします。
石井管楽器




[PR]

by ishiikangakki | 2015-10-26 16:58 | 金管楽器


<< ピストンのばね      トランペットのボタン >>