IKZ

ishiikg.exblog.jp
ブログトップ

タグ:フレンチホルン ( 3 ) タグの人気記事


2016年 06月 17日

金管楽器の反響板

前回、以下のような記事を書きました。
フレンチホルンの反響板の試作

実際に、使用していただいた結果、モニター性の向上や野外での音の伝達性改善という効果がありました。
一方、反響板と楽器の距離が近い場合の調整や、板材によっての効果の変化も試すため、形状と材質の違う試作品を作成しました。

ゼブラウッド突板合板(ハードタイプ)

a0335229_16150808.jpg
シナ共芯合板多孔タイプ
a0335229_16150431.jpg
実際にどのような効果があるのか、少しずつ報告を頂いております。このような試作試験によって、最善とする材料や形状が絞られているのではないかと考えています。

また、反響板試作について、フェイスブックの石井管楽器公式ページやブログにて書いているわけですが、ご覧頂いている方からの反響も少しずつ頂いております。


その中でホルン以外の金管楽器(ベルが前に向いている楽器)の方から使ってみたいというお話を頂きました。
音響の考慮がなされていない場所でホルンとアンサンブルをするとき、ホルンの聞こえ方に特徴があるそうで、そのような反響板によって、良い効果があればとのことです。






そして、ホルン以外の金管楽器のモニター性の改善も出来ないかという提案がありました。

それで、早速作ってみました。
音響の考慮がなされていない場所での立奏または座奏でのアンサンブル。
その場合の、トランペットやトロンボーンのモニター性の調整が出来る反響調整板。
a0335229_16420727.jpg

ホルン用反響板は譜面台に取り付けるタイプですが、トランペットトロンボーン用は自立式です。

距離や置き方などで微調整が出来ますが、さらに調整度合いを広げる為に、材料と形状に工夫をしています。
材料は写真左がハードタイプ(ブビンガ突板合板)写真右がソフトタイプ(杉突板合板)
形状はリバーシブルとして、反対側に穴を開けています。ひっくり返すことで変化を狙っています。

もちろん、持ち運びを考慮したA4ファイルサイズです。
a0335229_16421563.jpg
このトランペットとトロンボーン用の反響板2組と、ホルン用反響板1組をまとめて、ある方々に実際に使って頂く予定です。

どのような結果となりますでしょうか。
石井管楽器


[PR]

by ishiikangakki | 2016-06-17 17:01 | Comments(0)
2016年 04月 27日

フレンチホルンの反響板の試作

フレンチホルンは朝顔(ベル)が後ろを向いています。

それゆえにこの楽器ならではの音色があるのです。

演奏の際、聴衆は前にいるわけですから、聴衆はホルンのベルから出る直の音を聞いているのではありません。

ベルから出る音が、床や壁などに当たりその反射で聴衆に届きます。

これが演奏場所によっては、反射が儘ならない場合があります。

簡単に言ってしまえば、野外や音響が考えられていない場所だと、音が後ろばかりに行ってしまい前に届きにくい場合がある、ということです。

これを解消するために、ベルの後ろに設置して使用する音を跳ね返す板を、ご自身で自作する方もいらっしゃるようです。
また、製品としてアクリル製で大きい「設備」のようなものも販売されています(高価です)

ある吹奏楽団のホルンセクションの方々との会話のなかで「このようなものが安くで手に入れば」というご意見があり、あるアイディアがひらめいた私は、早速試作をしてみることにしてみました。

コンセプトとして考えたのは以下の通りです。
1・スタンドは譜面台を利用
2・持ち運びを考慮し折り畳み式にする。
3・折り畳み後のサイズは一般的な楽譜収納ファイルと同じA4サイズ。

まず、初めにスタンド利用のイメージを描くためにこんなことをしてみました。

a0335229_18155351.jpg

それから、構想を練りに練って、材料を選定し、設計ののちに出来上がった試作品がこちらです。
a0335229_18352396.jpg
使用イメージです。
a0335229_18360673.jpg
この撮影ではウィットナー社の定番譜面台を使用しています。
他3社の製品で対応できるかも試しました。

a0335229_18352795.jpg
折り畳むとA4サイズです。

a0335229_18351907.jpg

a0335229_18351504.jpg
実際に試作をしてみて、コストや製造過程でクリアしなければならない問題がいくつかありました。

この試作品を前述のホルンセクションの皆様で、使って試して頂けることになりました。

今後どうなりますでしょうか。

今回、使用した素材は、石井管楽器でも販売しております、新木場「あいはらの木」さんのミニカホン手作りキットの「打面」にも使われている、突板合板という板材です。(土橋さん、ご協力ありがとうございました!)

石井管楽器


















[PR]

by ishiikangakki | 2016-04-27 12:56 | ものづくり | Comments(0)
2015年 01月 30日

金管楽器のマウスピース制作


私は以前にホルンのマウスピースを6本作りました。右端が1作目で左端が6作目です。

a0335229_22235317.jpg
(2作目はホルン愛好家の方に譲りました)

何故作ったのか。それは、果たして自分に金管楽器のマウスピースを作ることが出来るのか?という挑戦であり、また自己の技術力の検証とも言えるかもしれません。

たった6本しか作りませんでしたが、おかげで色々なことがわかりました。

ちなみに、マウスピースの製造に関しては全くの素人で、以前に先輩方々からお伺いした話を手繰り寄せ、私の工作知識と今までの管楽器修理調整のノウハウをミックスさせて、事実上「独学」です。


1・楽しい
ただの丸棒が少しずつマウスピースの形になり、最後は音が出るようになります。
これは物凄く楽しいです。

2・キリコを頭から被る。
ホルンのマウスピースでも結構な量を削り込む為、キリコ(切子・金属を削って出る金属片)のシャワーです。全身に浴びます。

3・キリコが熱い
ワークに熱を帯びてきて、熱いキリコがハンドルを握る手に掛かります。

4・慣れればそれほど時間が掛からない
6本目は約3時間で完成しました。しかし、非常に集中力が要ります。

5・段取りが重要
管楽器の修理調整と同じで、段取りが重要です。ちょっとでも工程がずれると時間と仕上がりに影響が出ます。

6・治具、工具はすべて自作または加工
内径を削る刃物から、旋盤に噛ませるための治具まですべて自作です。

7・作ることよりも「何を作るか」が大事

これら以外にも小さいことも含めて色々な気づきがありました。


ホルンのマウスピースを作るにあたり、まるまるのコピー品を作るのは面白くないと思いましたので、ミックスさせたものを作っていきました。
ホルトンXDC、ストークCMA、ニューヨークバック7、ジャルディネリS15、などなど。 
結果、色々なことが試すことができたので、挑戦は大成功といえます。

しかし、自分にマウスピースを作ることが出来る。それが証明されたのはわかったとして、では何を作るのか。どんな寸法で、どんな機能を持つものを作るのか。設計は。

コピーを作るとすれば、誤差を考えても数本もしくは数十本作れば、コピー出来ます。

ホルンのマウスピースを作れた。この事実でおそらく私は準備さえすればトランペットからチューバまで、金管のマウスピースならどんなものでも作ることが出来るはずです。

でも、何を作るのかが明確でなければ、物を作ることは出来ないのです。
しかしながら、明確でないとしても、実際に行動を起こしてみることもとても大事なことです。なんでもいいからとりあえずやってみよう!というチャレンジ精神で結果が出たのです。
これらのことを、私はマウスピース作りで学びました。


結局、マウスピース制作をきっかけに、マウスピースの調整や改造の経験を積み重ね、技術として身についた訳です。



追記1

当分ホルンのマウスピースを作る予定はありません。
オーダーもありませんし、自分で作りたいものもありません。
もし何かを作るとすればあれです。

フリューゲルホルンのマウスピースです。

自分としても、欲しいと思う音やアイディアがありますので、時間と気合と熱意が発生すれば……いつのことになるか……。



石井管楽器



[PR]

by ishiikangakki | 2015-01-30 22:50 | 金管楽器 | Comments(0)