IKZ

ishiikg.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 04月 30日

唾抜きバネ

金管楽器で唾抜きという部品があります。ウォーターキーとも呼びます。

通常はバネの力で穴を塞いでいます。ちなみにこのバネは唾抜きバネ、またはウォーターキースプリングと呼びます。

ある時、自分のトランペットを見てこのバネの形状が気になり、色々調べ出しました。

この時に私が着目したのは巻き数です。

a0335229_18072877.jpg

写真左は国産製のトランペットで、右が米国製です。

国産が1回巻、アメリカ製は2回巻です。
バネの太さはほぼ同じです。

では、私が持っている国産の楽器にも2回巻のバネを付けてみよう、と思っても寸法上付けることが出来ません。

では、バネの太さを細くしたら2回巻のバネが出来るのではないか?

そして、作ってみたものが写真中央のバネです。


ちなみに、わたしは針金細工が趣味ですから、バネ作りも難なくやり遂げます。
熱処理の知識や加工法についても、長年の研究(趣味?)でクオリティを出しています。
このバネは想像以上に要素が多く、研究は楽しいものになりました。

結果は……この状態ではボツ判定でした。

これをきっかけに、このバネの研究が始まったです。あれから何年(十ウン年?)が経つのでしょう。

現在では、市販されている唾抜きバネの種類も増えています。メッキによっても違うそうです。

ご興味のある方はお試しされては如何でしょうか?

ちなみに石井管楽器では唾抜きバネのオーダーメイドをお受けしております。お気軽にご相談ください。

石井管楽器










[PR]

by ishiikangakki | 2015-04-30 18:30 | 金管楽器 | Comments(0)
2015年 04月 23日

ピストンフェルト

トランペットのピストンは、指で操作することで上下に動きます。
上下の停止位置は切り替わる管と管にギャップが出来ないように設計されています。
金属同士では雑音などの問題がありますから、クッション材が挟んであります。

クッション材としてはフェルトが一般的ですが、コルクやウレタンゴムなどが使用されていることもあります。
フェルトは一般的にプレスフェルトやクロスフェルトが多く使われていますが、現在では寸法の狂いがさらに少ない特殊なフェルトを用いたものも開発されています。


さて、昔の話になりますが。

私はトランペットの練習をしているある日、クッション材について一つアイディアが閃きました。
ピストンを押した状態から離して解放した時に、フェルトによってピストンがバウンドしますが、
このバウンドを抑えればきっとなにかしら良いことがあるのではないかと。

そして、ある素材でそれを作ってみることにしたのです。

それは、生卵を高いところから床に向かって落としても割れない素材。

衝撃吸収ゲルです。

a0335229_15395366.jpg

写真右が従来品、左がゲル製です。

ネットリとした材質ですので、くっ付かないように笠と当たる面には薄いフェルトを挟みます。

結果、吹いた感触に大きな違いはありませんでした。強いていうならば小さな違いとして音の「さわり」と言いますか、それが若干しっとりとしているような、ドライかウエットかといえばウエットな感じがしました。

しかし、操作音が静かになり、バウンドも無くなりました。笠に吸い付く様にピストンが戻るので、タッチ感にキレがあります。これに関しては大きな違いでした。

当時は以上のような効果が、大きなメリットとしては感じませんでしたので、自分の楽器に採用することもなくボツ企画となりました。

現在ではバウンドしにくい素材ものも市販されていますので、そちらをお使いください。

トランペットに限らず金管楽器で、衝撃吸収素材を用いたピストンバンパーにご興味のある方、ピストンの操作時の振動が気になる方など、是非ご相談ください。

石井管楽器



[PR]

by ishiikangakki | 2015-04-23 17:04 | 金管楽器 | Comments(0)
2015年 04月 18日

困ったときの箱頼み

断捨離という言葉があります。

私は、物を捨てるのが苦手です。
しかし、開業にあたり部屋のスペースを開けるべく、多くの物を処分しました。

しかし、どうしても捨てられないものがあります。

それは「ガラクタ」です。

捨てられないガラクタは箱に入れて保管しています。

a0335229_11155294.jpg

そして、修理手法や制作の発想が煮詰まった時に、この箱を開けます。

自転車のライトを固定するためのスペーサー。
額縁をつるす紐。

a0335229_11154818.jpg

何故か溜まってしまう六角レンチ

a0335229_11154480.jpg

昔に100均で買った竹ひご細工用の工具
工具店のワゴンセールで見つけたノブ

a0335229_11153863.jpg

昔から「あっこれは何かに使えるかも」と思うと、買い物かごに入れてしまう悪い癖があります。

こういったガラクタ箱を開けて見るときの目は、毎回違います。

日々、生活をしていれば、考え方も変わってきますし、知識も増えていますから、違った観点から物を捉えて応用出来ます。

ですから、私にとってガラクタの山は、宝の山と言うことが出来ます。

ガラクタ箱は現在も増加中です。

石井管楽器





[PR]

by ishiikangakki | 2015-04-18 12:18 | Comments(0)
2015年 04月 09日

トランペットのスワブ

私が高校生の頃、トランペットの管内の掃除用具といえば、一般に流通されているものは今と比べれば少ないものでした。
写真のガーゼと掃除棒、フレキシブルブラシ。そして、マウスピースブラシとブラスソープ。
a0335229_15022822.jpg
現在は、かゆいところに手が届くように様々なものが販売されています。
マウスピース用のスワブからピストンの油汚れを落とすためのクリーナーまで。
また、ガーゼやクロスも合成繊維で汚れ落ちの良いものが多く販売されています。

ご自身で管楽器のメンテナンスをするうえでは、コストは掛かりますが選択の幅が広がり、より楽器や奏者に優しい環境になったのではないかと思います。

私は高校生の頃、おじさんに買って貰ったヤマハのトランペットを大事に使っていました。

本番の一か月前には必ず、写真のブラシを使って水洗いをするのですが、吹き込み管から覗くとどうしても取れない汚れがあります。
神経質な一面のある私は、それが気になってしかたありませんでした。

部活動ではクラリネットやサックスが演奏後必ず紐のついたハンカチを通してから楽器をケースにしまいます。
しかし、金管楽器は、ふ~っ!!と唾を抜いてオイルを差すだけです。
フルートは掃除棒にガーゼを巻きつけて管内の水分を除去します。
しかし、金管楽器は、楽器を片すと真っ先に教室の机を元に戻しています。


これで良いのか?

そう思った私は、ある時リコーダーの掃除棒にガーゼを巻きつけて、吹き込み管の掃除をしてみました。

しかし、ガーゼを細く巻きつけるのが難しいですし、なにより短くて奥まで届きません。

以後、フルートの掃除棒を使うなど、試行錯誤を繰り返し、行きついたのがこれです。
a0335229_14505779.jpg
スワブの自作です。当時使っていたものが残っていました。
吹き込み管に入るサイズに調整をしながら、テルテル坊主状にガーゼを凧糸で纏めました。おもりは、クリップです。確か管内が傷つかないように色付きの物を選んだ記憶があります。



時代が移り行き現在。

リペアマンになった私は、やはり仕事でスワブを使っています。
金管楽器用のスワブをです。
試奏後にマウスパイプに通しています。

もちろん、自作です(笑)
a0335229_14504513.jpg
技術レベルが上がり、おもりは釣り用、ガーゼは眼鏡用のマイクロファイバークロスを小さく切っています。おもりには傷防止のため熱収縮チューブで包んでいます。
a0335229_14505111.jpg
しかし、紐は相変わらず凧糸で変わりはありません。



※ここで、自作を試みる方、ご注意ください。
クロスの大きさが大きいと途中で詰まってしまう恐れがあります。
また、クロスの縛り方が甘いとやはりクロスが取れて管内に詰まる恐れがあります。
現在は昔と違い、品質の良い金管楽器用のスワブが発売されていますので、是非そちらをご使用ください。
石井管楽器
[PR]

by ishiikangakki | 2015-04-09 17:58 | 金管楽器 | Comments(0)
2015年 04月 04日

アマドキー

金管楽器の唾抜きでアマドキーというものがあります。
アマドゥキー、アマド―キー、アマド式ウォーターキーなどなど、色々な呼び方があります。

私は毛嫌いというわけではなく、トランペットにおいてアマドキーにメリットを見出すことはありませんでした。

実際に自分の楽器に取り付けてみても、機能的にはむしろ唾の出が悪く感じますし、時折りピストン(アマドキーの)が戻らなくなることもあり、信頼性という意味で疑問がありました。
また、吹奏感に関しても、息の流れがスムーズには感じますが、音の出方に堅さというか、従来の唾抜きと違って異物感を感じるのです。
金属同士のバルブシステムですから、唾は漏れます。
唾やオイルがシールとなって、息漏れは無いようですが、唾は漏れます。これに関しては通常のシステムでも、「しずく」は残るので、それ程気にはなりません。

そんなこんなで、アマドキーとは距離を置いていたのですが、ある時ふと考えたのです。

a0335229_18253085.jpg

アマドキーのケース部は楽器本体と同じ素材の真鍮製なのに、なぜ中のピストンは真鍮製ではないのか。
正確な裏図けはありませんが、私なりの検証ではステンレススチール製と捉えています。(※現在アマドキーは多くの種類がありますので、すべてには当てはまりません)
また、構造上汚れが付着しやすく、動作の不良が起こりやすいですので、その対策として材質の選定がなされていると、私は推測しています。

そして、私は実際にピストンを真鍮で削り出して見ました。

a0335229_18253970.jpg

写真左から、銅合金金メッキ製、真鍮製、純正です。

結果、私は個人的に気に入りました。

吹奏感が軽くなり、音色も明るくなるように感じました。
そして、私が感じていた異物感が無くなったので、私の辞書では「アマドキーは条件付きであり」という結論に達しています。

また、真鍮製に関して、自分の楽器では動作不良は起きていません。

以来、色々な材質で試しています。それぞれに特徴があるようです。

今後も検証を続けていきたいと思います。

もし、アマドキーについてご興味がございましたら、お気兼ねなくなんなりとご相談ください。
私にわかる範囲であればお答え致します。
石井管楽器


[PR]

by ishiikangakki | 2015-04-04 18:41 | Comments(0)