IKZ

ishiikg.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 14日

フリューゲルホルンのマウスパイプ(1)


金管楽器のマウスピースが、楽器に差さる部分。
マウスピースを受ける部分ということで「レシーバー」と呼ばれますが、このレシーバー部は今も昔も様々な研究や工夫がされてきました。

しかし、このレシーバー部とマウスピースのシャンク部は、規格が統一されておらず、楽器とマウスピースのメーカーが異なると相性が合わないケースがあります。
本来でしたら、楽器と同じメーカーのマウスピースを選ぶべきなのでしょうが、マウスピースは奏者への相性問題の大きい部分です。楽器を変えてもマウスピースは変えられない。このようなことはよくあるお話です。

私も技術者として、今までに色々なお話を受け、その都度もっとも良い方法で処置が出来るようにしてまいりました。

ここの問題は製造時のバラつきや、設計思想の違い、汚れの蓄積、各楽器の構造上の問題などなど、様々な要素が問題を複雑にしています。

私自身、以前よりレシーバー部には興味があり、色々な検証実験を行ってきました。
今後も少しずつ紐解いて行きたいと思います。



今回はフリューゲルホルンのマウスパイプを作ってみた、というお話です。
フリューゲルホルンのマウスパイプはストレートが基本ですので、テーパー管と違い制作が簡単です。
単純な構造故に、レシーバーの材質や形状にどのような影響があるのかがわかりやすいのでは無いかと考えたわけです。
実験機は手持ちのジュピター製フリューゲルホルンです。

下から、純正品、ブロンズ製レシーバー、ブラス製レシーバーです。パイプはいずれもイエローブラスです。
a0335229_07331597.jpg
レシーバーで適度な重量を持たせ、また、レシーバーの重心をマウスピース側にずらすことで抵抗感を増すことを狙いました。
a0335229_07330485.jpg

また、レシーバーの材質の違いで性能に変化があるのかどうか。それをわかりやすくするために、全く同じ形状に削り出しました。




つづく



石井管楽器

[PR]

by ishiikangakki | 2015-02-14 08:04 | 金管楽器 | Comments(0)


<< 針金細工      リムチェンジ式マウスピース >>